税理士のサービス内容とメリット

 

日本の現在の相続税の制度では、一般的に言えば、故人の半分ほどの資産は相続税として徴収され、残った資産を故人の子供の兄弟姉妹で均等に分割して相続するといったパターンが基本になります。資産の半分近くを徴収されることに関して、多くの人はこの部分に関して何とか節税をして徴収される金額を減らすことができないかと考えます。そこで税理士の登場です。

 
税理士の提供するサービスとしては、あくまで節税の範囲であり、法律を破るような脱税の範囲ではありません。しかしながら、一般の人では知らない相続税に関する制度を上手く利用することによって、相続税の金額を大幅に減らすことができる場合もあります。また、相続税に関する役所に提出しなければならない税金関係の書類の作成も代行してもらえることも多くのなってきています。

 
税理士に対する相続税の相談費用は、故人の資産額にもよりますが、20万円から50万円ほどが一般的です。一見この金額を高いように思えますが、相談料よりも節税できる金額が大きければその分は当然得をするわけですから、特に相続税に対する知識が無いのであれば、税金の専門家である税理士事務所の門を叩くことも視野に入れておくとよいでしょう。