信託銀行のサービス内容とメリット

相続で信託銀行を使う場合は、遺言信託といって、遺言を書く時は遺言執行者を信託銀行にしておいて、相続の時には遺言執行者として遺言に指定してある通りに財産を相続者に分割し、それらの手続きをします。

 

 

そして遺言信託での信託銀行のサービス内容とメリットですが、遺言の作成にあたって事前に相談をすることが出来ます。この場合は弁護士に相談をすべきですが、銀行側の弁護士に相談することになりますから、大丈夫です。次に遺言書の作成や保管に関するサービスを受けられます。

 

 

遺言書は公正証書として作成され、遺言書を保管してもらい、それを定期的に照会してもらって、内容の見直しをすることが出来ます。そして相続になった時は、財産の分割をしてくれたり、名義変更や引き渡しの手続きをしてくれます。さらに信託銀行としての強みで相続された土地の有効活用や資産の組み換えなどのアドバイスを受けることが出来ます。

 

 

資産の扱いは、弁護士や税理士に相談しても彼らは専門外で、相談するだけ無意味です。そして銀行として土地を担保に融資が出来るから、相続税の支払いを不動産の売却や物納でしなくても、融資してもらった資金で払うことが可能になります。

 

 

信託銀行は専属の弁護士や税理士も居て、相続に関してはいろいろなサービスが可能です。さらにメリットとして銀行として融資が出来る強みが有ります。