相談先でこれだけ変わる

相続の問題で誰かに相談をしようとなった時には、どこへ相談をするかで相続に掛かる手数料がずいぶんと違ってくることがあります。

 

例えば銀行に任せてしまうと、かなりの価格を言い渡されることがありますので、経済的によほど余裕のある方にしかお勧め出来ません。

 

また他の相続人たちと少しでもわだかまりがあるというような場合には、引き受けてもらえないというところもあります。

 

行政書士の先生の場合には、たとえば30万円ほどの予算でお願いをすることが出来ますが、不動産が含まれている場合には、その名義変更や相続税の申告はしてもらえないので、また別に税理士に依頼をすることになります。

 

弁護士の先生の場合には、調停や裁判などに発展してしまった場合にも、お任せをすることが出来るのですが、何しろその費用が高いというのがネックになります。

 

色々な側面からみて、最近では相続全般についてまとめて行ってくれるというサービスを行う事務所が色々とあるので、そこでお願いすると、割とリーズナブルな費用でお任せすることが出来ます。

 

そこでもしも裁判に発展したり他に必要な手続きが出てきた場合に、弁護士などに依頼するということにすれば良いわけです。