預金の名義変更

銀行の預金等は名義人が亡くなると、たとえ名義人の親族であっても勝手に引き出したりすることはできなくなります。

 

名義人が亡くなった時点でその相続人の共有財産となるからです。

 

被相続人名義の預金は払い戻しを行うか、相続人のうちの1人に名義変更をするかのどちらかになります。

 

手続きは銀行窓口に行くだけで簡単にできるというものではなく、相続に関する様々な書類が必要になります。

 

通帳、届出印のほか遺産分割協議書や被相続人の出生から死亡までの戸籍に関する書類、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書等、名義変更する人物が本当にその通帳の相続人であるのか、そのことを証明する書類が必要となるのです。

 

ですから費用としては戸籍等の取得にかかる手数料、遺産分割協議書を司法書士等に作成してもらう場合はその費用なども必要となります。

 

また、これらの書類集めはなかなか煩雑で手間がかかるものですから、名義変更手続そのものを司法書士等に依頼するケースもあるでしょう。

 

その際は手続の費用を支払うことになります。

 

全てを任せる分、自分で書類を集めるより金額は高くなります。煩雑な手続を全て自分で行い安く済ませるか、ある程度の支払を行って簡単に手続きを済ませるか、その人の事情に合わせて選択することが可能です。