相続にかかる費用は、「役所などに払う実費」と「専門家に依頼する際の手数料」の二つに大きく分けられます。

 
役所などに払う実費には、以下のような物があります。

 
まず、不動産の名義書き換えに際して、登録免許税(不動産の固定資産評価額の0.4%)・登記事項証明書(不動産1件につき1,000円)・戸籍謄本(1通450円)・除籍謄本(1通750円)・住民票(1通100~300円)・印鑑登録証明書(1通100~300円)・固定資産税評価証明書(1通100~300円)といった物が必要です。

 
また、預金などの名義書き換えには、戸籍謄本・除籍謄本・住民票・印鑑登録証明書・固定資産税評価証明書が必要ですが、これらは不動産の名義書き換えで使った物を再利用しても問題ありません。

 
専門家への手数料は、弁護士・税理士・司法書士などいろいろな有資格者が代行を請け負っており、料金体系もまちまちですが、だいたいの目安としては、不動産の名義書き換え代行は3~10万円、戸籍謄本等収集の代行は2~5万円、裁判手続きの代行と相続税申告の代行は数十万円からというのが相場です。

 
また、人間関係が複雑であるなど、個別の事情によっても手数料の額は変動します。